バイナリーオプションはれっきとしたオプション取引

日本のFX業者、特にバイナリーオプションは、大きな規制を受ける自体となっています。どうしてバイナリーオプションに今回の規制が集中しているかというと、「ギャンブル性がある」と判断されてしまったからです。

yhhrere もちろんバイナリーオプションはれっきとしたオプション取引であり、ルールを付帯したために「二者択一」になっている、というだけです。ところが、この二者択一という部分にばかり注目し、「勝率を5割」と考えてギャンブル的に利用するトレーダーが後を立たず、その結果自分の資産を使い果たしてしまう、というような状況に追い込まれる人も少なくなかった、という実情がありました。

 こういった現状をふまえて、金融庁では「ギャンブル性」をできるだけ排除するような規制をしいたわけです。具体的に日本のバイナリーオプションはどのような状況になっているかというと、まず取引前にバイナリーオプション取引に関する知識の確認が行われるようになりました。また、選択肢が少なく一見簡単にみえるハイ&ローは事実上廃止となり、いくつかの選択肢があり、同じ取引の中でも複数ポジションの購入でリスクヘッジが可能なラダーオプションが中心に、さらにペイアウト率を固定するのではなく、払い戻し額であるペイアウト自体を固定することで、結果的に「投資金額が一定金額(ペイアウト)をこえることがない」という状況を作りだし、資金の使いすぎを防いでいます。

出典: オプション取引.net

ペイアウトは1000円のところが多いですが、FXトレード・フィナンシャルであ1万円です。ペイアウト率の高さで最近注目を集めている業者に、FXネットがあります。私はまだ実際利用したことはないので、楽しみにしています。

ルールが柔軟な海外バイナリーオプションに比べると、十分窮屈な印象を受けるかもしれませんが、その分安全に取引が楽しめ、海外送金等の手間も格段と少ない国内業者にもアドバンテージは十分あるといえます。特に海外か国内かを選ぶ時には、自分のトレードプランと照らしあわせて、メリットとデメリットを検討した上で決定するといいでしょう。海外のバイナリーオプション業者を利用したいという方には、ハイローオーストラリアをチェックしてみることをお勧めします。投資幅の広さとサポート体制が充実していること、また、MT4等を含んだ取引ツール対応のプラットフォームで有名です。