バイナリーオプションについての豆知識

近年人気が高まりつつあるバイナリ—オプションですが、詳しく知っている人は意外と少ないのではないかと思います。海外バイナリーオプションが人気がある理由は、オプションなのにルールが簡単で誰にでも分かりやすい所ではないでしょうか。

iure2バイナリーオプションとFX比較をしてみると一目瞭然ですが、バイナリ—オプションのルールは、とてもシンプルです。対象となる為替レートか商品先物価格が上がるのか下がるのか、それだけのことなのです。この予想期間は10分から一日程度の短い期間ですので、データを分析すれば誰でも容易に的中させることが可能となります。

ルールもシンプルで結果もすぐにわかりますから、ギャンブルの様な感覚で楽しむことが出来るのです。二つの選択肢しかないので、ルーレットのギャンブルと仕組みはとても似ています。

バイナリ—オプションを行うにあたって負債を心配する人が大半だと思いますが、リスクはエントリー時に支払うオプション料金のみとなっています。ですから、予想が当たらなかったとしてもオプション料以外には負債は発生しません。ギャンブルなどと比べると、リスクが少ないというところも多くの人々から人気がある理由の一つではないかと思います。

ただ、注意しなければいけないことは取引損失額が限定されていますから、それがリスクが少ないに繋がるとは一概にも言えません。バイナリ—オプションのサイトを見ると、ローリスク・ハイリターンというキャッチコピーを提示しているサイトが多く見受けられますが、このローリスクなのかどうかは資産投入量によって大幅に変動しますから鵜呑みにしてはいけません。

バイナリ—オプションは、高額はもちろん少額からでも取引可能となっています。具体例をあげると、米ドル/円を1ロット取引する場合、為替レートが80円だと80万になるわけです。レバッジが25倍なら、3.2万円用意しなければなりません。これが1000単位の場合でも、以上の計算式であてはめると3200円かかります。

業者によって異なりますが、バイナリ—オプションは100円からでも取引が可能です。バイナリ—オプションは市場が賑わっていなくても、少しでも動きがあれば利益が発生する可能性があるのです。一般オプションには及びませんが、コールとプットを駆使して戦略を立てることもできます。複雑な場合、利益も多く得ることが期待できます。

バイナリ—オプションはデリバティブの一つですが、リスクヘッジとして活用することもできます。バイナリ—オプションの取引も、為替レートが変動するときに対応するリスクヘッジにあてることも可能となっています。