海外FXと国内のFXの主な違い

海外FXと国内のFXの主な違いは次の二つです。それは、レバレッジと使用できる高性能なツールの違いです。

もちろん、他にも細かい違いはありますが主に海外FXを利用するときに大きなメリットとなる要素はこの二つですので、覚えておいて損はありません。まず、レバレッジの違いです。海外FX業者を利用する場合には、そもそも国内のレバレッジの倍率が適用されません。

つまり、適用される法律自体が違うのです。国内でレバレッジをするときには法的な規制が存在しますので、一定以上のレバレッジを設定することが出来なくなっています。

国内では約20倍前後が限界になっており、どれだけ多くの証拠金を持っていたとしても規制によってハイレバレッジを設定することは出来ません。しかし、海外FX業者ではそもそもこうした規制がないのです。

中には数百倍という高いレバレッジを設定できる業者も存在しており、これは100万円程度のお金があれば1億円以上の取引をすることが出来る事を意味して いますので、短期的に大きなお金を稼ぎたいと考えている人にとっては非常に重宝します。当然、レバレッジによって倍率が高くなるとリスクも高くなってしまうと不安になることもあるのですが、そうした人達のために海外業者では高性能な支援ツールが用意されているのです。

これが二つ目のメリットです。

国内の業者を利用する場合には、業者が提供してくれる備え付けのツールを利用することが一般的になっています。チャートソフトなども全て業者が提供してくれますので取引をするときにはこうしたものを利用することになるのです。

しかし、海外ではそもそも業者がこのようなツールを作成して投資家に提供するという習慣がないわけです。海外の投資は自己責任の意味合いが強いのでツールや分析に必要な情報も全て自身で用意しなくてはいけなくなっており、だからこそ有名なソフトウェア会社が独自にFXだけのために専用のツールも開発しています。

海外のFX業者を利用するとこうしたソフトウェア会社が提供してくれる無償の高性能なツールを利用できるようになり、これは国内の業者では利用することが出来ない代物なのです。これらの高性能なツールはテクニカル分析の詳細だけでなく、ハイロー取引における自動売買機能なども付いていることなどから海外で利益を出しているほとんどの投資家が重宝するほどのものになっています。

会社勤めなどで取引に多くの時間を取れない人であってもこうしたツールを利用することによって、簡単に結果を出すことが出来るようになるのです。こうした特長が海外FXの魅力です。